お手入れガイド

体操服のお手入れ -体操服を長持ちさせるコツ-

Q.体操服を洗う時に必ず注意しないといけないことは?

  • A.まず、体操服の「洗濯表示ラベル」を必ず確認しましょう。
    • お取り扱いは、製品についている「洗濯表示ラベル」や袋の裏側に書いているお取り扱い方法」などの注意事項に従って行って下さい。
      場合によっては、校章マーク類は脱色、剥離の可能性がありますので、特にご注意ください。

Q.体操服を長持ちさせる方法はありますか?

A.ポイントは4つあります!

  • 汚れたら早く洗濯をする
  • カラー物と白い物は分けて洗濯をする
  • 引っかからないように必ずネットへ入れて洗濯をする
  • 漂白剤や柔軟剤はなるべく使用しないようにする

Q.漂白剤・柔軟剤は使っても大丈夫なの?

A.大丈夫なものと、ダメなものがあります。

  • 大丈夫なもの
    • 酸素系漂白剤
  • ダメなもの
    • 塩素系漂白剤
    • 還元漂白剤
  • 柔軟剤は衣類をやわらかく、ふんわりさせる効果があります。
    ですが、本来の素材強度(物性)を弱くしてしまうことがありますので、ご理解の上、ご使用をお願いいたします。

Q.ドラム式洗濯機でも洗えますか?

A.洗えます。

  • どの洗濯機でも言える事ですが、必ず洗濯ネットに入れて、衣類を守るようにして下さい。
    ネットに入れないと、洗濯物どうしが擦れ合ってしまい、生地を傷めたり、色あせや毛玉が生じたりします。また、洗濯ネットのファスナーが原因で衣類を傷つける事があるため、ファスナーカバー付きのものをお勧めしております。
    きちんとファスナーを閉めて、お洗濯をお願い致します。

Q.泥んこになってしまった!つけ置き洗いをしても大丈夫?

A.大丈夫です。こちらも、3つポイントがあります。

  • ぬるま湯(30℃)+洗濯用の固形石鹸で軽く手洗いをする。
  • 泥や土などがこびり付いていたら、ブラシ(歯ブラシでも可)で軽く払ってパッケージ表示されている使用量より少し濃いめの洗剤溶液に1~2時間つけ置きをして洗います。
    長時間のつけ置きは、繊維がもろくなり長く着用できにくくなります。
  • 汚れがひどい場合は固形せっけんを使って下さい。
    漂白剤を生地に直接つけて「つけ置き」をすると、穴が空いてしまうことがあります。

Q.いつまでも気持ちよく着るのにはどうしたらいいんだろう?

A.お洗濯の後は、正しい乾燥をしましょう!

  • 洗濯物を洗濯機に放置したままだと、シワや型くずれ、カビの発生といったトラブルに!
    洗濯表示ラベル「日陰干し表示」のものを、日光に当てて乾かしてしまった場合、いろいろな現象が考えられます。

    • 日光で染料分子の一部が破壊され変色が生じることがあります。
    • 日光で洗剤の蛍光漂白剤が変化して、生地素材が変色することがあります。
    • 日光で生地素材自体がもろくなり、傷んでしまうことがあります。

    日光の力は想像以上に強力です。
    体操服はいろいろな事を考慮して作られていますが、
    表示ラベルに記載されている通りに処置していただくと、体操服は長く快適に着ていただけます。

注意!湿った体操服はカビの原因になります!
ある一定の湿度・温度が続く条件下では、カビは爆発的に増殖します。
脱水後の洗濯物をそのまま放置すると、洗濯槽の中はあたたかく湿った状態が続き、カビが発生しやすくなってしまいます。
着用後は保管方法に気をつけ、なるべく早く洗って干し、カビを発生させないように気をつけましょう。
また、体操服は、乾燥機にはなるべくかけないでください!
タンブラー型(回転式乾燥機)の洗濯乾燥機で、洗濯から乾燥までのコースは避けてください。
洗濯乾燥機での急激な乾燥は、変色・縮み等の原因になります。
乾燥機は体操服の強度を弱くしてしまうこともあります。

LINEで送る

定休日は水曜日ですが、2月・3月は無休で営業しております。 TEL 088-872-3258 営業時間:10:00-19:00

PAGETOP
Copyright © 学生服・体操服専門店 高知洋品 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.